ストレスチェックの結果を読み解くポイントを解説

ストレスチェックの結果を読み解くポイントを解説

ストレスチェックは実施することが目的ではなく、結果を活よして職場環境を改善することが重要です。
そのためには集まったデータを利用して集団分析を行うと良いでしょう。
すべてのデータを個々に判断するのではなく、集まりとして捉えることで、部門間や年齢、場所などによりメンタルヘルスの違いがあるかを分類します。
またその時系列の変化で、状況の確認をすることも重要です。
ストレスチェックの評価方法として仕事のストレス判定図の利用があります。
ストレスの程度や問題が発生する危険度を定量的に判断することができます。
職場における支援の判定図も同じように有効です。
仕事における問題に対して孤立していないかを確認するためのもので、スコアが低ければそれだけ個人の負担が大きくなります。
これらの評価については、厚生労働省が無料で公開しているアプリで利用することが可能です。
このほかにも個別に高ストレスの従業員に対して面談指導を勧奨することも重要です。
そしてその環境を見返して問題が何かを検討することを忘れてはいけません。

ストレスチェックはメンタルヘルスに役立つ

近年は心の病でダメになってしまう方が多いのが現状です。
また、人の内面に隠れた部分をケアするのは簡単そうに見えて実は非常に難しいものであり、それをしっかりとケアするメンタルヘルスというものが今非常に大切なものとして、認識されています。
多くの企業で実施され始めているストレスチェックですが、これをなんのためにやっているのか理解していない方も多いでしょう。
しかし実はこのストレスチェックを行うことにより、その企業に働く社員の心と体の安全を保っているのです。
実例を挙げると、なかなか人に話すことの出来ない悩みを持っている方が多い世の中なので、そのような悩みをストレスチェックの際に発するだけでも、実は大きなメンタルヘルスの役割を担っています。
SNSなどのネットでのコミュニケーションが増えていくなかで、心に闇を抱えて生きている方も多いのが現状です。
心の病に打ち勝つためにも、自分の内側に溜め込む事は避けましょう。

ストレスチェックに関する情報サイト
ストレスチェックで心と身体を守ろう!

私達は生きている間、多くのストレスに晒されています。
自分では普通に生活しているつもりであっても、実は心の奥底ではとんでもないストレスが溜まっていて、破裂寸前かもしれません。
そのような心の中を知るために役立つのがストレスチェックです。
多くの企業で導入されていますが、ただやるだけでは全く意味がありません。
なぜこのようなチェックをしているのかという事を正しく理解して、真剣にストレスと向き合う事をおすすめ致します。