メンタルヘルス向上のために自分でできるストレスチェックの方法

メンタルヘルス向上のために自分でできるストレスチェックの方法

大規模な職場ではメンタルヘルス対策が講じられており、ストレスチェックの実施がされています。
労働者のメンタルヘルスの不調は職場にも影響を及ぼすこともあることから、1年に1回受検をすることで未然に防ぐことができ、より良い環境下で業務にあたることができます。
職場でストレスチェックを受検する以外に、自宅でもメンタルヘルス向上のためにストレスチェックを行うことができます。
厚生労働省では職業性ストレス簡易調査票が提示されており、全部で57項目があり4つのセクションに分かれています。
この項目は誰でも見ることが可能であり、仕事や最近1か月の心身の状況、周りの人についてや仕事や家庭生活の満足度についてあてはまるものを選択するようになっています。
ある程度自分の今の状況を把握できたら、日常生活で改善することを見つけ出し、実践を行っていきます。
日常生活でできるセルフケアの方法としては十分な休息と睡眠、ストレス解消できる活動を見つける、周りに相談をすることの3つがまずあげられます。
ストレスにいかに気が付くかということが大切であるので、自覚するためにも冷静にストレスチェックを行うようにします。

身体と心のバランスを把握できるストレスチェック

仕事や家庭などで、現代人はストレスを多く抱えている人が多いとされています。
倦怠感などがあり身体の調子が良くなかったり、気持ちが落ち込む状態が続いているなどの場合は、身体と心のバランスが崩れている場合があるので、ストレスチェックをされてみてはどうでしょうか。
心と身体が調和的ではないと、うつなどを発症しやすくなるので気を付けましょう。
ストレスチェックを行うことで、身体と心のバランス状態を把握できるほか症状の改善につながるきっかけになるのでおすすめです。
ストレスチェックは定期的に行うことで、心身の状態を確認できてメンタルの不調を予防できるなどのメリットがあります。
ストレスは、自覚症状がないまま蓄積されている場合もあります。
大切なのは、自分にどれくらいのストレスがかかっているかを把握し、その結果に応じて負担をできるだけかけないような仕事、あるいは生活を送るように心がけメンタルに関する病を防ぐことです。

ストレスチェックに関する情報サイト
ストレスチェックで心と身体を守ろう!

私達は生きている間、多くのストレスに晒されています。
自分では普通に生活しているつもりであっても、実は心の奥底ではとんでもないストレスが溜まっていて、破裂寸前かもしれません。
そのような心の中を知るために役立つのがストレスチェックです。
多くの企業で導入されていますが、ただやるだけでは全く意味がありません。
なぜこのようなチェックをしているのかという事を正しく理解して、真剣にストレスと向き合う事をおすすめ致します。