心と体を守る!暮らしに役立つストレスチェックの豆知識について紹介

私達は生きている間、多くのストレスに晒されています。
自分では普通に生活しているつもりであっても、実は心の奥底ではとんでもないストレスが溜まっていて、破裂寸前かもしれません。
そのような心の中を知るために役立つのがストレスチェックです。
多くの企業で導入されていますが、ただやるだけでは全く意味がありません。
なぜこのようなチェックをしているのかという事を正しく理解して、真剣にストレスと向き合う事をおすすめ致します。

心と体を守る!暮らしに役立つストレスチェックの豆知識について紹介

多くの企業で社員に対して実施されているストレスチェックですが、これをやることによって、社員の健康を維持に役立っています。
その理由として病は気からという言葉がある通り、内側に溜まっているストレスは、実は自分ではわかっていない事が多いのです。
知らずに心が蝕まれていって、最終的にはうつ病などの心の病に罹ってしまう方も多くいるのです。
ですから面倒くさがらず、真剣にストレスチェックをする事をおすすめします。
その理由としてそうすることによって、自身の心の健康を保つのに役立つからです。

ストレスチェックを行うことで得られるメリット

職場の離職率や休職率が高い現状を踏まえて、ストレスチェックの導入が義務付けられています。
精神的な不安が続いたり、一見、うまくいっているようでも無理が続いていたりすると、知らず知らずのうちにストレスが溜まっているかもしれません。
ストレスチェックは、身体にあらわれる疲労感や家族や同僚とのコミュニケーションの状況などをチェックするものです。
仕事の負担が大きすぎないか、同僚性が発揮されているかなどのポイントを確認することで、自分自身はもちろんのこと、管理職にもストレスの見える化を図り、取り組みを推進しやすくなるメリットがあります。
働きやすい職場を目指していくためには、ベクトルをそろえていくことも大切ですが、個々の仕事へのモチベーションや効率を高めていくことが大切です。
ストレスチェックは、組織の傾向も分かるというメリットがあります。
ストレスチェックを活用し、働きやすい組織をつくっていくことで、仕事の成果も上がるのです。

多くの職場では労働者のストレスチェックが義務化!

平成26年に労働安全衛生法が改正され、次の年の平成27年にストレスチェックが義務化されました。
このストレスチェックは年に1回以上定期に行う必要がありますが、常時雇用されている職場の労働者の人数によって行わなくてはならないのか、努力義務で良いのかが異なります。
労働安全衛生法ではストレスチェック制度の対象者として、契約期間が1年以上、1週間の労働時間が通常の労働者の4分の3以上のいずれかの要件を満たすこととしています。
そのため正社員が対象となりますが、パートやアルバイトも労働している時間によっては対象となります。
ただし事業者である社長や役員、派遣労働者は対象外であり、人数にカウントされません。
多くの企業では対象となりますがストレスチェック制度は企業ごとの人数ではなく、支店や工場など事業場ごとの人数を考えます。
支店が小規模である場合は制度の対象にはなりませんが、厚生労働省では行うことを推奨しています。

ストレスチェックの対象者は正社員だけ?アルバイトやパートは含まれるのか

ストレスチェックは正社員だけが対象となるように感じますが、労働安全衛生法では事業場の従業員の数が50人以上となった場合に義務と報告が発生することになっています。
さらに期間の定めのない労働契約によって使用されている者や、週の労働弛緩が同種の業務に従事する通常の労働者の1週間の所定労働時間の4分の3以上であることと決められており、週に30時間以上働いているとストレスチェックを受ける対象となります。
このようなことから週に30時間以上働いていれば正社員でなく、パートやアルバイト、契約社員であっても対象者となり、年に1回行われるストレスチェックの対象に入ります。
常時50人以上が該当している場合は行う義務があるので、50人を超えた段階でストレスチェックを実施しなくてななりません。
注意点としては会社単位ではなく工場や支店ごとの人数であることです。
アルバイトやパートの人数が多い場合は、契約条件と労働時間に注意して対象者を決定していく必要があります。

職場でストレスチェックを行う際に利用できるストレスチェックサービスの内容

日本では2015年の12月から、労働者数が常時50人以上の団体ではストレスチェックをねんに1回実施しなければならないと義務化されました。
契約社員やパート、アルバイトや派遣労働者も含まれています。
このチェックを受けていないと罰則があるのかというとその罰則はありませんが、労働契約法の違反には当たりますので要注意です。
最大50万円の罰金をはらわなくてはなりません。
ストレスチェックのサービスを利用している企業は増えている傾向が見られますが、一任できるというのが最大のメリットです。
チェックを行うところから始まり、それをデータ化したり結果によっては高ストレス者に面談を推奨する事もあります。
その面談までも責任を持って行ってくれるというサービス内容になっていますので、え依頼する会社によっては非常にメリットがあります。
対象者数も選ぶことができますし、プランも多く設定されていますのでニーズに合ったストレスチェックを選べます。

ストレスチェック実施者は厚生労働省の公式サイトをチェック

ストレスチェックは労働安全衛生法という法律によって定められている制度ですが、具体的な運用方法は厚生労働省によって周知が行われています。同省の公式サイトでは省令・告示・指針の全文が掲載されています。実施しなければいけないことや、逆に行ってはいけない対応といった重要なことも記載されているので事業者はよく読んで内容を理解することが必須だといえます。要約したポイントも掲載されているので、まずはこれで大まかな内容を把握することもできます。 事業所向けには「厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム」も公式サイトからダウンロードできます。ストレスチェックに使用する調査票には一定の条件を満たせば厳格には決められていないため、事業者が選択することが可能ですが、特にこだわりがなければ同省版のプログラムをそのまま使用するのがスムーズにチェックが進められるでしょう。個人向けで簡易チェックができる「5分でできる職場のストレスセルフチェック」も、公式サイトからダウンロードできます。

ストレスチェックはサポートダイヤルを活用しましょう

平成26年から、労働安全衛生法の一部が改正されたことにより従業員に対して「ストレスチェック」と面接指導の実施が義務づけられました。これによって、企業に在籍している従業員がどの程度のストレスを受けているのかを把握し、メンタル面における健康状態を安定したものとすることで、うつなどの精神疾患を予防することにもつながることが期待されています。過度なストレスを受けている従業員を配置転換させたり、業務内容を軽減したりすることで、離職や休職を防ぎ、企業側にも従業員側にも大きなメリットとなることもストレスチェックのポイントです。この制度に関しては、実施にあたって専門的な知識が必要とされることもありますので、義務化されて以降はその制度の円滑な運用をサポートするために電話での相談窓口も設けられています。企業等の担当者の方で、導入に当たっての疑問点などを相談したい場合や、適切なサポートを受けたいといった場合には、労働者健康安全機構が解説しているストレスチェックサポートダイヤルを利用してみてください。

ストレスチェックに使用する調査票の内容と種類

ストレスチェックを行うために必要となるのが調査票です。質問内容などの具体的な様式までは定められていませんが、必ず含まれるべき3領域が存在します。一つ目は仕事のストレス要因についての質問で、業務の多忙さやなどストレスの原因に関係する項目です。心身の自覚症状に関する質問が二つ目で、心理的な負担を自分自身が自覚しているか、またどのような自覚症状があるかなどをチェックします。最後が周囲のサポートに関連する質問で、他の労働者がチェックを受けている労働者に対してどのような支援を行っているかを調べられます。 厚生労働省から必須の3領域が揃った調査票を配布しているので、一般的にはこれらを利用してストレスチェックが行えます。配布しているのは3種類で、最もスタンダードな57項目版、簡略化された23項目版と詳細な評価に向いている80項目版があります。厚生労働省が推奨している57項目版は、回答の所要時間が短いので回答が集まりやすいのがメリットです。

ストレスチェックにおける産業医の役割とは

産業医とは、企業や事業所における労働者の安全や健康を守る仕事を行う医師です。臨床医と異なり診断や処方は行わないものの、企業において様々な役割を担います。ストレスチェックにおいては、実施者として計画からアフターケアまで全般に携わります。具体的な仕事内容は、事業者がストレスチェックの内容などを決める際に、産業医は専門的な観点からアドバイスを行います。ほかにも、選定基準の最終決定は事業者が下しますが、評価方法や基準の確認に助言を行うことが可能です。 ストレスチェックを実施した結果、面接指導が必要な労働者を選定するのも仕事の一つです。労働者本人に結果を通知したり、職場や部署ごとの集団分析を行います。検査結果については、本人の同意を得られないかぎり事業者に情報を提供することはありません。面談指導が必要と判断された高ストレスの労働者には、面談してその後の就業に関するアドバイスをすることができますが、強制的に休業させたりする権限はありません。

ストレスチェックに引っかかった人はうつ病になりやすい?

2015年12月より、労働者数が50人以上の職場ではストレスチェックを年に1回実施することが義務化されました。ストレスチェックをすることで、いち早くヘルプサインを見つけ、対策を練ることができます。ストレスチェックに引っかかる人は自分ではストレスをため込んでいないと思っていても、実は負担が積み重なっていて、バケツの水が溢れるように精神的に崩壊していくことがあります。特に責任感のある人や管理職についている人は知らず知らずのうちにストレスを抱え、うつ病を発症しやすくなります。うつ病は脳内物質の分泌が乱れた病気です。気持ちが弱いからなるわけではありません。もしチェックで何かしらの兆候が見つかったら、産業医にも相談して早期にケアしていくようにしましょう。心のケアをして健やかな職場環境を守っていくことは、事業を安定して継続していくうえでも非常に重要なことで、すべての従業員が心身ともに健康で仕事ができる環境を目指さなくてはなりません。

ストレスチェックに関する情報サイト
ストレスチェックで心と身体を守ろう!

私達は生きている間、多くのストレスに晒されています。
自分では普通に生活しているつもりであっても、実は心の奥底ではとんでもないストレスが溜まっていて、破裂寸前かもしれません。
そのような心の中を知るために役立つのがストレスチェックです。
多くの企業で導入されていますが、ただやるだけでは全く意味がありません。
なぜこのようなチェックをしているのかという事を正しく理解して、真剣にストレスと向き合う事をおすすめ致します。

新着情報