心と体を守る!暮らしに役立つストレスチェックの豆知識について紹介

私達は生きている間、多くのストレスに晒されています。
自分では普通に生活しているつもりであっても、実は心の奥底ではとんでもないストレスが溜まっていて、破裂寸前かもしれません。
そのような心の中を知るために役立つのがストレスチェックです。
多くの企業で導入されていますが、ただやるだけでは全く意味がありません。
なぜこのようなチェックをしているのかという事を正しく理解して、真剣にストレスと向き合う事をおすすめ致します。

心と体を守る!暮らしに役立つストレスチェックの豆知識について紹介

多くの企業で社員に対して実施されているストレスチェックですが、これをやることによって、社員の健康を維持に役立っています。
その理由として病は気からという言葉がある通り、内側に溜まっているストレスは、実は自分ではわかっていない事が多いのです。
知らずに心が蝕まれていって、最終的にはうつ病などの心の病に罹ってしまう方も多くいるのです。
ですから面倒くさがらず、真剣にストレスチェックをする事をおすすめします。
その理由としてそうすることによって、自身の心の健康を保つのに役立つからです。

ストレスチェックを行うことで得られるメリット

職場の離職率や休職率が高い現状を踏まえて、ストレスチェックの導入が義務付けられています。
精神的な不安が続いたり、一見、うまくいっているようでも無理が続いていたりすると、知らず知らずのうちにストレスが溜まっているかもしれません。
ストレスチェックは、身体にあらわれる疲労感や家族や同僚とのコミュニケーションの状況などをチェックするものです。
仕事の負担が大きすぎないか、同僚性が発揮されているかなどのポイントを確認することで、自分自身はもちろんのこと、管理職にもストレスの見える化を図り、取り組みを推進しやすくなるメリットがあります。
働きやすい職場を目指していくためには、ベクトルをそろえていくことも大切ですが、個々の仕事へのモチベーションや効率を高めていくことが大切です。
ストレスチェックは、組織の傾向も分かるというメリットがあります。
ストレスチェックを活用し、働きやすい組織をつくっていくことで、仕事の成果も上がるのです。

多くの職場では労働者のストレスチェックが義務化!

平成26年に労働安全衛生法が改正され、次の年の平成27年にストレスチェックが義務化されました。
このストレスチェックは年に1回以上定期に行う必要がありますが、常時雇用されている職場の労働者の人数によって行わなくてはならないのか、努力義務で良いのかが異なります。
労働安全衛生法ではストレスチェック制度の対象者として、契約期間が1年以上、1週間の労働時間が通常の労働者の4分の3以上のいずれかの要件を満たすこととしています。
そのため正社員が対象となりますが、パートやアルバイトも労働している時間によっては対象となります。
ただし事業者である社長や役員、派遣労働者は対象外であり、人数にカウントされません。
多くの企業では対象となりますがストレスチェック制度は企業ごとの人数ではなく、支店や工場など事業場ごとの人数を考えます。
支店が小規模である場合は制度の対象にはなりませんが、厚生労働省では行うことを推奨しています。

ストレスチェックの対象者は正社員だけ?アルバイトやパートは含まれるのか

ストレスチェックは正社員だけが対象となるように感じますが、労働安全衛生法では事業場の従業員の数が50人以上となった場合に義務と報告が発生することになっています。
さらに期間の定めのない労働契約によって使用されている者や、週の労働弛緩が同種の業務に従事する通常の労働者の1週間の所定労働時間の4分の3以上であることと決められており、週に30時間以上働いているとストレスチェックを受ける対象となります。
このようなことから週に30時間以上働いていれば正社員でなく、パートやアルバイト、契約社員であっても対象者となり、年に1回行われるストレスチェックの対象に入ります。
常時50人以上が該当している場合は行う義務があるので、50人を超えた段階でストレスチェックを実施しなくてななりません。
注意点としては会社単位ではなく工場や支店ごとの人数であることです。
アルバイトやパートの人数が多い場合は、契約条件と労働時間に注意して対象者を決定していく必要があります。

職場でストレスチェックを行う際に利用できるストレスチェックサービスの内容

日本では2015年の12月から、労働者数が常時50人以上の団体ではストレスチェックをねんに1回実施しなければならないと義務化されました。
契約社員やパート、アルバイトや派遣労働者も含まれています。
このチェックを受けていないと罰則があるのかというとその罰則はありませんが、労働契約法の違反には当たりますので要注意です。
最大50万円の罰金をはらわなくてはなりません。
ストレスチェックのサービスを利用している企業は増えている傾向が見られますが、一任できるというのが最大のメリットです。
チェックを行うところから始まり、それをデータ化したり結果によっては高ストレス者に面談を推奨する事もあります。
その面談までも責任を持って行ってくれるというサービス内容になっていますので、え依頼する会社によっては非常にメリットがあります。
対象者数も選ぶことができますし、プランも多く設定されていますのでニーズに合ったストレスチェックを選べます。

ストレスチェックに関する情報サイト
ストレスチェックで心と身体を守ろう!

私達は生きている間、多くのストレスに晒されています。
自分では普通に生活しているつもりであっても、実は心の奥底ではとんでもないストレスが溜まっていて、破裂寸前かもしれません。
そのような心の中を知るために役立つのがストレスチェックです。
多くの企業で導入されていますが、ただやるだけでは全く意味がありません。
なぜこのようなチェックをしているのかという事を正しく理解して、真剣にストレスと向き合う事をおすすめ致します。

新着情報